TOP

会社概要

株式会社 山梨製餡

日本人の心を今に伝える「あん」、工夫次第でいろいろな食品に使える「あん」、そして何よりも健康食品として優れた「あん」を、これからも真心こめて作ってまいります。

会社概要

名称
株式会社 山梨製餡
所在地
〒606-8346 京都市左京区孫橋通東大路東入南門前町538番地
TEL
075-761-1146
FAX
075-761-1140
お客様ダイヤル
0120-41-1146
代表者
代表取締役 山梨 彰一
資本金
2,000万円
社員数
16名
創業
大正 9年12月1日
会社設立
昭和 35年12月1日
事業内容
生餡、加糖餡、乾燥餡、かのこ豆、煮豆等の製造・加工・販売
取引銀行
三菱東京UFJ銀行:聖護院支店
加盟団体等
・京都府製餡工業協同組合
・京都商工会議所
・京菓子協同組合協賛会
営業時間
AM 9:00 ~ PM 4:00
定休日
土曜・日曜・祝祭日


本社・売店


西工場


東工場

あゆみ

大正 9年(1920年)
当社初代社長 山梨福一が現在地にて創業
昭和 19年(1944年)
戦時中の強制閉鎖二ヶ年
昭和 35年(1960年)
二代目 山梨龍一が社長に就任
昭和 44年(1969年)
北倉庫新築(原料倉庫)
昭和 60年(1985年)
西工場新築(かのこ豆:加糖あん工場)
平成 4年(1992年)
東工場新築(生あん工場)
平成 9年(1997年)
三代目 山梨彰一が社長に就任

山梨製餡今昔

三田村画伯による1990年ごろの山梨製餡の描画
「孫橋通りを東大路から入ると、白暖簾がひらめき、その上の屋根 看板に「生阿ん」と大書され、和菓子の餡を大正の中頃から手広く 製造卸してきた山梨氏宅がある。昭和6年に建てられた広い間口の 家構えは、黒い木格子がはめられ、重圧で美しい。表の西角に地蔵 尊が祀られ京都の町家らしい雰囲気を深めており、大屋根の向こう に立つ高い煙突も違和感なく、調和を見せている。」 三田村画伯 拝

 

「大正時代の山梨製餡」
大正9年(1920年頃)に当社初代社長山梨福一が現在地にて創業した当時の写真です。その後、昭和7年と25年に改築、現在に至 ります。

アクセス

お車
京都東インターより三条通経由 約10分
電車
市営地下鉄東西線「東山」2 番出口徒歩1分
バス
「東山三条」徒歩1分